健康 生活話

毎年、冬が近づいてくると冷え冷えしていた足。でも体質改善の努力で今は問題なくなったという話。

毎年、冬に近づくと嫁さんが言ってくるのが「足が冷たい」ということ。

足が冷たくて寝れないと仰る。

私も5年ぐらい前までは足が冷たく、寝れないタイプの人であったんですが、いろんなことに取り組んだ結果、冷え性の体質体質改善に成功。いつのまにか足の冷えがなくなり、寝れるようになりました。

それでどんなことをしてきたのか。人によって結果は違うとは思いますが、私がしてきてよかったと思う体質改善、冷えとりの対策をご紹介します。

 

足の冷え対策に今までしてきたこと

①冷えとり靴下

五本指の絹でできた靴下を夜履いて寝るという方法。私が5本指靴下にハマったきっかけでありました。この絹でできた靴下というのがなかなか一般のお店では手に入りにくく、その当時はいろいろと探し回ったものです。今は簡単にインターネットで手に入ります。いいお値段のするものから、お安いものまでありますが、いいお値段のものはやはりいいように思います。

②体質改善に足湯・半身浴

嫁さんに長いお風呂をご注意いただきながら、半身浴で長風呂をしていました。効果的なのは半身浴、胸下で20分以上と聞きました。私はお風呂用の椅子を、半身浴専用に購入して、お風呂につけて、それに座って20分を過ごしてました。過ごし方はスマホ。ジプロックにスマホを入れて、使ってましたが、一回落としそうになってからスマホは止めました。いろいろと工夫して過ごしたらいいと思います。

足湯は、専用のバケツを購入。40ぐらいのお湯をバケツに張って、それに足をつけてこちらも20分以上。足湯をやりだしたきっかけは、長風呂が家族のクレームになったから。でもどちらかというとこちらのほうが良かったような気がしてます。お湯はだんだん冷めてきますので、暑いお湯を用意して足しながら足をつけてました。

 

③養命酒

これも有名な冷えとりだとは思いますが、結構長く続けてました。飲む量はほんのちょっと20mlだけ。本当は1日3回、食前に飲むのがいいみたいですが、私は1日2回。朝と寝る前に飲んでました。それでもこれは効果あったと思います。だいたい1000mlの養命酒を1ヶ月ぐらいで飲んでたように思います。こちらは段々の効果ですので、1ヶ月で止めてしまうなんてことは勿体無いと思います。できれば最低でも2ヶ月は続けるとよいのでは?

この3つが冷え性の体質改善をしようと試みてきたことです。実はどれが実際に効果あったのかよく分かっていません。他にもいろいろと試していましたし、もしかしたら他のものによって体質が変わったのかもしれません。

まぁでも私としては癒されたというのも含めて、これら3つはかなりお勧めのできる冷えとり対策です。

他にも体質改善ではないんですが、布団に暖かグッズをいれて、足を温めてたりもしてました。どんなものを入れてたか。それはまたの機会に。

http://wp.me/p8s3nL-5f

 


-健康, 生活話

© 2020 愉楽な生き方 Powered by AFFINGER5