米Amazonで注文したChromeBookが無事日本に到着。配送はi-parcelから佐川さんにバトンタッチ

米Amazonで注文したchromebookが日本に到着。
予定より結構早く手元に到着するようです。

スポンサーリンク

前回は荷物が損傷したと返送されちゃった

昨年の10月に、米Amazonで注文したときは、途中で荷物が戻るという事故が起こってしまいました。何で戻ったの?と問い合わせると、以下のような返信(抜粋)が。(Google翻訳です)

私は個人的に追跡をチェックして、状態が言うことを見ることができます:売り手に返されます。さらに研究を重ねると、運送業者I-parcelが輸送中に荷物を損傷していることがわかりました。荷物が届かない場合は、荷物を返却センターに返送しています。私はこの不便をお詫びします。

私たちは、輸送中に商品を安全に梱包して梱包しようと努力していますが、損傷が生じることがあります。

輸送中に荷物が損傷したのでしちゃったので戻ったという連絡。そして最後の方には、払い戻しするからごめんねーだって。
そんな事が以前にあったので、日本に到着まではやっぱり気になってました。
(そんときは再注文になりました)

今回の注文もそんなことにならないかと心配しながら、毎日のように輸送状況を確認していたのですが、今朝、確認すると3月5日の朝に通関手続終了の文字が!
いやー無事に日本のルートに流れてくれるようです。あとは佐川さんの配達。楽しみです。

アメリカ国内はi-parcelさんが輸送を担当

アメリカ国内で輸送していたのはi-parcelという会社。ネットで調べると輸送が遅いと文句を言われてたりする会社なんですが、それは自分が送料をケチってるからであって、早く到着さそうと思えば、お金を出して早く届け注文にすればいいわけです。1番早く届いて注文にすれば、3日ぐらいで到着するみたいですよ。
でも私の場合は急ぎはしない。少しでも安くしたい注文なので文句は言いません。

米Amazonでの注文は意外と簡単

米Amazonでの注文は、これで3回目ですが、chromeブラウザさんが日本語にサイトを訳してくれるので、言葉で困ることはほとんどありません。またググれば先人の方々が、米Amazonでの注文の仕方を教えてくれています。Amazonのサイトのレイアウトもほぼ同じですし、日本Amazonでの買い物に慣れていれば、スムーズに買い物ができるのではないでしょうか。

日本からは輸送は佐川急便さんに交代

日本に到着すれば、佐川さんにバトンタッチ。こちらの追跡も、先人の方が残してくださってるやり方を見てi-parcelへメールで問い合わせ。

参考にしたのは下記のサイト。

米Amazon.comやその他の海外通販サイトで購入した荷物がi-parcelという配送業者で発送された場合の荷物追跡方法をまとめています。海外移動中も、通関して国内に入ったのちも、方法は異なるものの追跡は可能です。

件名 I want you tell me
内容
Hello.

I comfirmed that my package arrived to japan.

Please notify me of a tracking number in japan. my package’s tracking number is “AGSIPNJ0001908077” “AGSIPLAxxxxxxxxx”.

Thank you.

最後のAGSIPLAxxxxxxxxxのところを、ご自分の注文の問い合わせ番号にするだけ。
それだけで数分後にはi-parcelさんから、佐川急便のサイトのURLをつけて、返信があります。あとは問い合わせ番号を入れるだけです。

問い合わせ番号を入れても、最初は成田に到着してますよぐらいしか分かりませんが、佐川さんの手元に届けば、あとは日本の輸送ですから安心。(私はそう思ってます)2日もすれば到着だと思います。

ただ海外のパッケージには毎回驚かされるんですが、(Amazonも、Amazon以外でも)非常に簡単なパッケージです。いくら日本では丁寧に扱ってくれてるとしても、パッケージの弱さから物が壊れないかと心配にはなります。

さて、明日ぐらいには到着かな?どんなパッケージでやってくるのかも含めて楽しみに待ちたいと思います。