大阪難波でスマホのバッテリーが激減り状態に!コイン式公衆型充電器を探して充電。なんとか復活させました。

いつもの徳島から大阪への移動。

今回は、南海フェリーのすきっぷ2000を使って、2,000円でなんばまで行きました。

徳島から大阪へ 今日は大阪へ向かいます。 徳島から大阪へ向かうには、乗用車、バス、フェリーが主な交通手段です。 その中でもわたしが一番使っているのは乗用車。 やっぱ早くに着きますし、自分の勝手が効きます。 ただやっぱ料金的には高い。 徳島の最終インターの鳴門北から兵庫に渡って最初の垂水インターまで2860円(ETCなけ...

で、南海電車に乗って、スマホをいじってるとバッテリーが9%に!

「うわっ、やばい!」

いつもならモバイルバッテリーを持ってるんですが、今回は、貸出中で持ってません。

また、いつもならフェリーの中で充電するんですが、どうも充電コードが調子悪く充電できず。

いつもスマホに頼ってる私はなんばで大ピンチに陥ってしまいました。

スポンサーリンク

なんばで充電できるところを探す

なんばで充電できるところを探すことにしました。

でも、先にも書いたように、充電コードも調子が悪い。

うーん、コードを買い求めて、充電スポットを探して、お茶しながらの充電になるかなぁと思ってたんですが、ふと、なんばのビックカメラで充電が確かできたような….と思い出し、ビックカメラへ行ってきました。

ありました。コイン式充電器

ビックカメラに到着。

ありました。ありました。

コイン式の充電器です。


100円で30分間充電できるようです。

充電方法を書いてくれてるのですが、読んでもどうもよく分からない。

困っている感じを出してるのに店員さんも寄ってきてくれない…。

それで隣りを見てみると、違う種類のコイン式充電器がもう一つありました。

こちらのコイン式も100円で30分。

同じ料金です。

こちらはなんと音声で使い方を説明してくれます。

まず100円を右側の上から投入。

そして3つある充電ボックスからどの部屋を使うかを矢印で選びます。

開けると、こちらはiPhoneとAndroidが充電できるコードがぶら下がってます。

私のスマホはAndroidですので、左側の充電コードに指します。

そして暗証番号を打ち込みます。

これは、フタを閉めて、今度、開けるときに誰でも取り出せないようにするためです。

充電が始まると下のカウンターがカウントダウンしていきます。

私は100円の投入でしたので、30分からカウントダウンしていきましたが、200円入れるとたぶん60分からカウントダウンするのだと思います。

待ち時間の間にお買い物を

30分の待ち時間の間は、ビックカメラの中でお買い物。

と言っても、買わないんですけどね。

2階、3階と上にあがってウロウロしてきました。

徳島では考えられない品揃えですから、見るだけでも楽しいです。

でも、ちょっと見ていたら、「○○をお探しですか?」とか聞いてきてくださって、説明に入ってくる。

さっきは来てくれなかったのに….。

そんなこんなで30分

30分がたったので、また充電のところへ戻り、さっき打ち込んだ暗証番号を入れて取り出します。

私のスマホは30分の充電で24%まで回復しました。

スタート時が3%だったのでまあまあの回復です。

本当は、50%ぐらいまでにしておきたかったのですが、時間もなかったので、これにて終わりました。

機種によって、回復する%は変わってくるでしょうが、半分まで回復させようと思ったら200円、60分の充電は必要だと思います。

まとめ

なんばで充電のできるカフェは結構にあるんですが、カフェで充電しようと思えば、充電器を持ち込まなくてはなりません。

今回のように充電ケーブルが調子悪かったり、なかったりしたら、充電できなくて困るんですよね。

でも、今回のようなコイン式でもいいから充電できるところがあれば本当にありがたい。

充電ケーブルがついてるんですからね。

もし、なんばで、バッテリーがない!と困った時にどうぞ使ってみてください。

いいですよ。

でも一番は充電されたモバイルバッテリーを持っておくことですね。