イオンモール徳島 格安スマホSIMが乱立!ワイモバ、楽天モバ、イオンモバ、トクスマ、お安く持てるチャンス到来?

家電店でも格安SIMや、格安スマホは売ってますが、このイオンでは、一つ一つがしっかりと単独で、店舗を持って販売してます。

中でも注目は、楽天モバイル、イオンモバイル、トクスマでしょうか。

今まで、徳島ではあまり目立つことのなかった格安スマホ販売店がリアル店を出してきましたよー。

スポンサーリンク

徳島初!リアル店舗の楽天モバイル!

今、急上昇中の楽天モバイルがリアル店舗を徳島に出してきました。

私も、楽天モバイルで端末を1つ契約していますが、かなり満足の行くモバイル会社です。

楽天モバイルは、スマホの端末価格が一括1,000以下からあったり、

1人契約すると、もう1人無料で持てたりするキャンペーンをやってたりもします。

私の楽天モバイルで、いいと思う点は、

①音声通話契約でも、データSIM契約でも、端末が安く手に入る

キャンペーンをいつもやっており、端末もすごくお安いお値段で手に入れることができます。

私は昨年末に、zenfone2 laserという端末を買いましたが、一括で6,000円していません。

販売端末一覧

②通話プランがいろいろとプランが選べる。

楽天モバイルは、他のSIM発行会社と違って、通話のプランがたくさん選べます。

楽天でんわ

契約をして、専用のアプリを通してかける、楽天でんわは、30秒10円(税別)でかけることができます。

SoftBankで、この料金にするには、980円をプラスしなければなりませんが、楽天でんわは、基本料金がかかりません。

5分かけ放題

月額850円(税別)で、5分間のかけ放題になります。

SoftBankで、この料金にするには、基本料金1,700がかかります。

完全かけ放題

この24日より楽天モバイルは、完全な「かけ放題」を2,380円(税別)で始めました。

何度かけても、いくら長電話しても2,380円。

これがSoftBankなら、2,700円です。

通話基本料金の差は、たった320円しかないかもしれないですが、データ契約の料金が全然違ってくるので、今まで、通話料金が高いから格安SIMにはしなかったと言う人も、これならお得に使うことができます。

③データ通信のスピードが安定している

格安SIMは、データのスピードが不安定と言われたりしますが、楽天モバイルは、その中でも、非常に優秀なほうと言われています。

使っていて、体感的に不安定さを感じたことはありません。

④通話SIM、データSIMのプランが豊富

楽天モバイルは、通話SIM、050データSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)の中からSIMを選べます。

特筆すべきは、SMSありに050のIP電話の電話番号が与えられるということ。

この番号があることにより、一般電話にも電話することが可能であり、また一般電話からもかけてくることができます。

他の会社には、このサービスがないものが多いです。

また、データ容量も、ベーシック、3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBと選ぶことができ、そのデータを家族でシェアすることもできます。

データプランの価格は、

3.1GB  1,020円

5GB     1,570円

10GB   2,380円

安いです。

④3日間の通信制限がない(3月1日より)

今は大手キャリアも、この3日間の通信制限を撤廃してたりしますが、格安SIMでは、通信制限をしているところがまだまだあります。

楽天も、この通信制限をしている会社でしたが、この3月から撤廃。

制限を受けることなく使うことが可能になりました。

⑤楽天モバイル用のメールアドレスが無料でもらえる

格安SIMのデメリットとして、キャリアのようなメールアドレス(softbank.ne.jp、docomo.ne.jp)がなくなるということがあります。

ほとんどの格安SIM会社は、その代替策として、フリーのウェブメール(Gmail、YahooMail)などをお勧めするのですが、この楽天モバイルは、自社でメールアドレスを無料で出してくれます。

しかも、専用のメールアプリもあり、これがそこそこ使いやすい。

LINEのように、吹き出しで使うこともでき、違和感なく使えます。

⑥MNP(番号そのままで大手キャリアから変更)も、切り替えがすぐにできる

MNP(ナンバーポータビリティ)、キャリアを変更するとき、切替時に通話ができないということが格安SIMではあります。

その時間はだいたい1時間から2時間ぐらいなのですが、楽天モバイルの場合は、15分程度で切り替えすることができます。

などなど。

まだありますが、特に強調したいのは、以上の6点でしょうか。

かなりのメリットの高い通信会社がこの楽天モバイルです。

ぜひホームページからチェックしてみてください。

イオンモールでは、端末が置いているので実際に触れるというメリット。

また新規契約がこの店舗で可能です。

価格はネット上のキャンペーと同じ価格でした。

わずらわしさがないのは、ネットでの申込みかもしれません。

※残念ながら、機種変更は、このリアル店舗ではすることができず、結局はインターネットで申し込み、端末は送ってくることになるそうです。

おとなしく販売!イオンモバイル

イオンモバイル、イオンも格安SIMに、格安スマホを販売しています。

イオンモールの中では、3階のイオンスタイルで販売。

でも、店舗としては、めっちゃ控えめで販売しています。

イオンモバイルも、お安い端末、またSIMを発売しています。

イオンモバイルのメリットとしては、業界のかなでもやっぱりイオン!と言われるほどお安い価格。

楽天モバイルとは、ギカ数が違ってるプランになりますが、通話プランで、

楽天  3.1GB 1,250円

イオン 4GB       1,580円

楽天  5GB    2,150円

イオン 6GB    1,980円

と、こんな感じで、かなり意識しているような価格となってます。

でも、このあと、ギガ数が増えると、

20GB  楽天モバイル  4,750円

      イオンモバイル 4,980円

30GB  楽天モバイル  6,150円

      イオンモバイル 6,980円

と、すこしイオンモバイルのほうが残念な感じになっていきます。

自分の使うデータの容量も考えて契約するといいかもしれません。

ちなみに、イオンも電話のかけ放題プランがありますが、こちらはIP電話でのかけ放題。

050発信で、データと、かけ放題プランを足して、最低1,980円から電話ができます。

IP電話でいいというなら、このプランもいいかもしれません。

テレビトクシマのトクスマ!イオンモールへ

四国放送を見ている人はよく見るCMじゃないでしょうか。

戦隊ものの格好をしたヒーロー?トクスマンが出てきて、お安く使えるスマホを紹介してきます。

こちらのトクスマを提供しているのは、テレビトクシマさん。

地元ケーブル会社が、スマホとSIMカードを売っています。

トクスマの特徴は、AU端末でも、ドコモ端末でも使えるSIMカードを取り扱っているということ。

AU、ドコモの端末を持っていれば、すぐに乗り換えることができます。

ただし!!!!このトクスマ、テレビトクシマさんのケーブル会社のエリアの人しか契約ができないということになってます。

ケーブルに契約してなきゃならないということはないそうですが、テレビトクシマのケーブルエリアしか契約できないというのは、ちょっと残念な感じですね。

ちなみに通話SIMのお値段は、

3GB 1,600円

5GB 2,300円

10GB 3,350円

となっており、こちらもやや楽天モバイルよりも少しお高いお値段。

でも、AUの端末を使ってて、それを使うのなら、こちらもありかとは思います。

また、ケーブル契約とのセット割がありますので、テレビトクシマをご利用の方なら考えてもいいかもしれません。

まとめ

格安スマホの会社がこれだけイオンに入ってくるとはびっくりでした。

イオンモバイル一本でいけばイオンが儲かると思うのに、ここは競い合い、公平なんですね。

ワイモバイルのことは、今回、書きませんでしたが、こちらも使い方によってはかなりお得になる通信会社です。

ただここは、3大キャリアの中には入ってませんが、こちらはSoftBank直の会社。

しばりもありますので、こちらのご紹介にはあえて入れないようにしました。

私は、格安SIM歴が長いのですが、徳島にもついに格安スマホの流れが来るかと思うとワクワクします。

みなさんご検討いかがですか?