こんなんでいいの?フレッツ光を解約する電話がめっちゃ簡単でびっくりした話

2月に、自宅のネットを、YahooBB光から楽天ブロードバンドにプロバンダー変更したところですが、早くも乗り換えしてしまいました。

今度は、フレッツ光から、ピカラひかりへと乗り換え。

それで今回は、そのフレッツの解約方法がめっちゃ簡単だったということ。

またその手順をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フレッツ光、解約金は年数によって違う

今回は、ピカラひかり、ケーブルテレビがしている光に乗り換えたため、フレッツも解約することになりました。

私のフレッツ光の契約が5年目でしたので、解約金は10,000円発生。

これが6年目に入ると30,000円になるので、今がチャンスということでこの時期を選びました。

参考:NTT西日本ホームページより

ちなみに解約金は、フレッツ光も、楽天ブロードバンドの分も30,000円までの解約金なら、ピカラさんが払ってくれます。

NTT西日本に電話をかける

私の地域は、NTT西日本です。

かける番号は東日本も共通でで、こちらに電話をします。

0120-116-116(フリーダイヤル)

ところが、私が新たに契約したひかりでんわからは、この電話番号にはかけることができず、違う番号の

0800−333−5550(フリーアクセス)こちらも無料です

にかけました。

広告



ご本人さま確認、通話の内容

まず、お客さまのご本人確認をするために、契約しているお電話番号から聞かれます。

次に契約者さまのお名前をフルネーム。

それと住所。

これで本人確認が取れます。

めっちゃ簡単です。

でも、非常に簡単で少し怖い気がしました。

ゆるいんです。

東日本のホームページには、

お客さまIDが記載されている「開通のご案内」や「請求書」をご用意ください

と書いていますが、西日本にかけた時は、お客さまIDを聞かれることはありませんでした。

ちょっとそれでいいの?って感じです。

生年月日も聞かれません。

本人確認が取れたあとは、解約理由を聞かれ、そのあとにNTTの物の撤去をする日程を合わせます。

今回は、最短で2週間後から撤去にうかがえるということでした。

私のところは、フレッツテレビの契約もしていましたが、フレッツテレビはこの電話で契約が切れるとのこと。

他にテレビ契約、スカパー契約などがあれば解約の手続きをしてください。

またプロバイダーの解約もお客さまで手続きしてくださいということでした。

まとめ

非常に簡単に解約ができたことに驚きでした。

たぶん解約ややこしいやろなぁと想像していたからです。

NTT西日本の個人のページ、「マイビリング」に入るのってめっちゃややこしいんですよね。

ユーザーID、パスワード、お客さま番号 、これらがないと入ることができません。

定期的な変更も促されます。

またこれらが分からなくなったら、再発行の手続きをしないといけません。

この再発行というのが、約1週間後にハガキで送られてきます。

私は以前にパスワードが分からなくなり、再発行したことあるのですが、めっちゃ日数がかかるのにイラっとした記憶があります。

ところが、この解約に関しては、ご本人さま確認もゆるゆるの電話だけ。

これでいいのか?と思いました。

まぁ簡単でいいという人もいるでしょうけど、私としては解約ぐらいはしっかりしていていいんじゃない?とも。

なにはともあれ解約手続きが済み、ホッとしております。